空路で目指すアンコールワット!

近年、世界中から観光客が集まる大人気の世界遺産であるアンコール遺跡群。日本からも多くのアンコールワット観光ツアーが出ています。中には、「せっかくなので個人旅行でアンコールワットを見に行きたい!」という人もいるのではないでしょうか。 まず、日本からアンコールワットの近くの街であるシェムリアップへ最も速くいく方法は飛行機になります。中でもポピュラーな方法が、ベトナムを経由してシェムリアップに向かう方法。何事もなく順調にいけば、日本出国して8時間ほどでアンコールワットのすぐ近くまで行くことができます。こうして考えると意外と近いようにも感じてしまいますね。しかもこの方法を使えば、日程次第ではベトナムにも数日滞在することが可能になるので、ちょっぴり得な気もします。

タイから陸路でアンコールに行く方法!

カンボジアのお隣の国であるタイからも、アンコールワットを目指す方法があります。カンボジアとタイは陸続きになっており、バンコクからバスを乗り継いでシェムリアップに向かいます。バンコクから国境のタイ側の街であるアランヤプラテートまでは約4時間。ここで一旦車を降りて、タイの出国手続きとカンボジアの入国手続きを行います。そしてカンボジア側の街ポイペトからシェムリアップまでが約3時間。国境での手続きがスムーズにいけば、バンコクからシェムリアップまで7時間ほどの道のりになります。ただし、車も国境手続きも東南アジアクオリティなので、大なり小なり何かしらのトラブルが起こることはは覚悟しておいた方がいいかもしれませんね。